赤ちゃんのミルクにおすすめの軟水

天然水ウォーターサーバー

ウォーターサーバーを導入するご家庭で多い理由が出産に伴った赤ちゃんへのミルク作りのために安心してあげられるお水をということを理由に挙げる方が多いです。
近年の原発問題による水道水への放射性物質の検出や汚染状況などを考えると、水道水でのミルク作りは不安が沢山です。

 

赤ちゃんが居るご家庭でのウォーターサーバー選びのポイントでもよく挙げられる

  • 赤ちゃんでも安心して飲めること
  • ミルク作りに適した温度設定が簡単であること
  • ミルクや離乳食作りを短い時間で行えること
  • 使用している間のサーバー自体の衛生管理
  • ボトルの種類

これらを挙げる方が多いです。

 

赤ちゃんのミルクにおすすめされるRO水と軟水

RO水とは?

赤ちゃんの体への負担を考えた時におすすめなのが、純水(ピュアウォーター)と呼ばれるRO水です。
RO膜と呼ばれるフィルターに水を通し、水に含まれる微細な成分を取り除いた水です。
水は本来、ミネラル分や細菌などもわずかでも含んでいます。

 

これらの物質を取り除いた純水がRO水で、赤ちゃんにも影響がなく、安心だと言われてます。

 

天然水なら軟水を選ぶ

天然水も安全性の高い土地からの採水を行うことで、そのままでも安全基準に近い天然水も多いです。
赤ちゃんの体への負担を考慮した場合、天然水の場合には硬度が低い軟水(硬度100以下)と呼ばれる水が推奨されています。

 

国産の天然水の多くがこの軟水と呼ばれる水ですので、赤ちゃんにも安心です。

 

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを導入するならサーバーの機能もチェック

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを選ぶなら、お水はもちろん、サーバーの機能もしっかりとチェックしましょう。
実際に口コミでもお水の種類に加えて、使用を続けた時のサーバー自体の衛生面を気にされる方がとても多いです。

 

どれだけ、お水が安心でもその水を溜めているサーバーが雑菌の繁殖を抑えられなければ結果的に赤ちゃんのためになりませんよね。

 

赤ちゃんバナー

 

 

高機能なサーバーで使い勝手や衛生面にも配慮した「SAPUA」に注目!

 

天然水のウォーターサーバー「SAPUA」は日本でも有数の名水の土地、熊本の天然水を使用しています。
熊本はほとんどの生活用水を地下水脈でまかなう水質の良い土地として有名で、環境省が選定した名水百選にも全国1位の認定数を誇っている天然水です。
赤ちゃんのミルク作りにもおすすめの硬度24度の軟水で、ミネラル分の含有量が少なく、赤ちゃん、小さなお子さん、妊婦さんの体にも安心して飲める天然水です。

高機能なサーバーは便利で衛生的

温度調節機能

「SAPUA」は温度調節機能付きで調乳に適した温度調整が可能です。

 

冷・温それぞれで2段階の温度調節機能があり、冷水6〜12度・弱冷12〜16度、温水80〜89度・高温90〜93度の設定に加えて、省エネモードでの70度設定の5種類の調整が可能です。

 

サーバーメンテナンス不要の自動洗浄機能

SAPUAはサーバー内の温水を冷水タンクへ循環させる高温循環機能があり、サーバー内部の雑菌の繁殖を抑えます。
これらの自動洗浄・殺菌機能によって、導入後も安心して使えるのが特徴です。
SAPUAはこの自動洗浄・殺菌機能が搭載されているので、メンテナンス料が無料です。