ご飯がおいしく炊ける水なら天然水のウォーターサーバーSAPUA

天然水ウォーターサーバー

お米は炊くお水によっても味わいが変化します。

 

多くの方は水道水や浄水器付きの水道水で炊いているかと思いますが、この炊く時のお水にちょっとこだわるだけで、いつも食べているお米がとても美味しく炊きあがります。

 

お米がお水で味が変わる理由

お米を炊く時にはすすぎのあとに、水に漬ける、炊くなど、お米自体にお水を吸わせてふっくらと炊き上げます。
その際に吸うお水の質によって味が変わります。

 

お米に合う水の種類

天然水ウォーターサーバー

水道水

一般的な水道水は酸性寄りの軟水が多く、国産米を炊くのに合わないということはないです。
ただ、季節によってお米自体の硬さが変わるので、その際に上手く炊けない場合があると言われています。

 

天然水

天然水の場合、硬水だとお米への浸透性が良くないと言われており、パサパサとした硬めのお米になってしまう場合がありおすすめされてい

 

逆に軟水は分子の塊が小さく、お米に浸透しやすく、弾力性のあるお米が炊けると言われています。
さらに、弱アルカリ性の天然水はお米との相性がとても良くおすすめです。

 

 

軟水で弱アルカリ性の天然水でお米を炊くとお米の細胞が網目構造になることで、ふっくらとした粘り気のあるご飯が炊けるので、お米をもっと美味しく食べたいという方はお米の炊き水を変えてみてはいかがでしょう?


 

ご飯がおいしく炊ける天然水のウォーターサーバーSAPUA

天然水のウォーターサーバーSAPUAはお米との相性ぴったりの硬度24度の軟水で、弱アルカリ性の天然水です。
日本人の味覚にも合う、飲みやすさと馴染みの良さが特徴です。

 

お米との相性に関してもミシュランの1つ星シェフの石塚規さんからもお米の甘み、香りを引き出し、食感の良いお米が炊けて、冷めても美味しく食べられると評価されています。

 

 

SAPUA熊本菊池の名水公式サイト