非加熱処理の天然水とは?天然水のウォーターサーバー比較

天然水ウォーターサーバー

天然水のウォーターサーバーの水はRO水と比べて、水本来の味わいが楽しめることで、美味しいと感じる方が多いです。
そんな天然水には採水地の他に飲料水として処理する方法に種類があり、その処理方法によって、水の成分に違いが出てきます。

 

天然水のウォーターサーバーの導入を考えている方はこの点も注目してみましょう。

 

水の加熱処理と非加熱処理

天然水には採水した時には細菌が含まれていることがあります。
この細菌を人体への影響が無いように飲料として処理するのが加熱処理と非加熱処理となります。

 

飲料として認められている天然水はこの水質の基準をクリアしたものが販売を認められています。

 

加熱殺菌で水の安全性が高い加熱処理

加熱処理は文字通り、水に含まれる細菌などを殺菌しています。
加熱して殺菌する分、安全性は高いものの、天然水本来の成分バランスが崩れてしまうことなど、味わいにも違いが出てくる場合があります。

 

水質の良さと水本来の味わいが楽しめる非加熱処理

一方、非加熱処理の場合、特殊なフィルターなどを使用して、ろ過、オゾンなどでの殺菌だけで加熱をせずに処理する方法です。

 

安全性では加熱処理が高いように感じますが、そもそも非加熱処理で基準をクリアできる天然水は採水した時点で、その水質の安全基準を満たしている、もしくは基準に近い水質を持っている水であることが多いです。

 

非加熱処理のメリットはなんといっても、処理の際に天然水に含まれる成分バランスの変化を最小限に抑えられること、そのため、水本来の味わいを実感できるという点があります。

 

その分、コストがかかるため、価格面で加熱処理よりも割高になってしまうことが多いです。

 

 

加熱処理と非加熱処理はそれぞれメリット・デメリットがあり、どちらが優れているということはなく、水のどの点にこだわるかという点が大切になってきます。
また、非加熱処理の天然水の場合には採水地の確認や、食品衛生法に基づいて処理されているかなど、安全性もチェックして選ぶのが天然水のウォーターサーバーを選ぶ時のポイントだと言えます。


 

水にこだわった非加熱処理の天然水SAPUA「熊本菊池の名水」

天然水のウォーターサーバーSAPUA「熊本菊池の名水」は名水百選に選ばれる熊本の水本来の味わいを損ねることなく、非加熱で処理されている天然水です。

 

SAPUA熊本菊池の名水

SAPUA熊本菊池の名水の特徴

飲料水への処理方法
特殊なセラミックフィルターと2種類のマイクロフィルターでろ過した非加熱処理

天然水の特徴
水道水源の80%を地下水脈でまかなう阿蘇の中でも水質に優れた熊本の菊池渓谷から汲み上げられた天然水です。
※品質テスト・放射能検査実施済み

日本の名水百選にも選ばれる天然水は水質が良く、自宅で安心して飲める美味しい天然水として評判です。

価格 12リットル×2 4,000円 1リットルあたり167円
評価 評価5
備考 サーバーレンタル料月850円 配送料無料